2019年10月24日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

エアアジア-KLIA2の入国審査混雑 クアラルンプール国際空港運営会社に改善要求

エアアジア-KLIA2の入国審査混雑  クアラルンプール国際空港運営会社に改善要求

クアラルンプール国際空港第2ターミナル(KLIA)で、ピーク時には外国人用の入国審査の混雑が1時間以上になることが常態化していることに関し、LCCのエアアジアが、空港を運営するレーシア・エアポーツ (MAHB) に改善を要求した。

この記事の続きを読む

 
10月17日にエアアジアグループが公式サイト上で発表した声明によると、KLIA2の入国審査の混雑のピークは、午前3~7時、午後2~7時、午後9時から深夜。
 
乗り継ぎ便を逃したり、重要な予定に間に合わなかったという苦情も多く出ているという。
 
ピーク時にはすべての入国審査のカウンターが稼働しているが、それでも待ち時間が短くならないことから、エアアジアは「空港の設計に問題がある」としている。
 
エアアジアはMAHBに対し、以前より改善を要求してきた。MAHB側は、現在免税店があるスペースに入国審査場を拡張して対応すると確約したものの、その後、改善の動きが見られないという。
 
2020年はマレーシア観光年としてプロモーションが行われており、3000万人の外国人観光客の誘致を目指している。エアアジアは「空港はマレーシアの入り口であり、そこで非効率なサービスを見せるのは恥ずべきこと」として、マレーシア航空委員会(MAVCOM)にも対応を求めた。
 
ソース:http://www.go-malaysia.info/latest-news-list/2019-1018-klia2-airasia/
 

この記事の提供会社

logo

ニュース、ビジネス、観光、グルメ、留学、ロングステイなどのトピックを網羅した「マレーシア総合情報サイト」

http://www.go-malaysia.info/

メルマガ会員  
 

出島