2015年7月16日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

台湾ロボット展開幕、「Industry 4.0」掲げる

オートメーション技術とロボット技術の展示会「台湾ロボット&インテリジェンスオートメーション展(TAIROS)」がきょう(16日)、台北市の世界貿易センター南港館で開幕する。会期は19日までの四日間。

この記事の続きを読む

 
「重工業4.0(Industry 4.0)」をテーマに掲げ、産業用・工業用のロボット・オートメーション機器、商業用ロボット(3Dプリンターや店舗サービス自動化機器)、家庭内サービス型ロボット(清掃、教育、介護ロボット)など各種技術が展示される。1万3000平方メートルの会場に、台湾のアドバンテック、ネクスコム、ハイウィン、BENQ、日本の三菱電機や不二越など国内外100社が607ブースを出展する。今年が第2回の開催で、昨年は延べ5万8000人の来場者を記録した。

この記事の提供会社

logo

な〜るほど・ざ・台湾

http://www.naruhodo.com.tw/

メルマガ会員  
 

eck2018
出島