2015年7月16日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

日本で協力覚書を調印、ダウェー開発、ミャンマーと

プラユット暫定首相は2〜4日、日本貿易振興機構(JETRO)主催の「メコン五カ国経済フォーラム」に出席するため訪日した。同暫定首相は、JETROの石毛博行理事長や三井物産の安永竜夫社長、衆参両議長などと相次いで会談し、鉄道や港湾といったインフラ整備と経済特区を通じて、タイ経済を成長させると説明。なかでもミャンマーと共同開発するダウェー経済特区について、「他国には、タイ・プラス・ワンとなって発展してほしい。そのためにタイは協力を惜しまない。それには日本の協力が不可欠だ」と協力を呼びかけた。

この記事の続きを読む

 
また、暫定首相は4日、安倍晋三首相の立ち会いのもと、ミャンマーのテイン・セイン大統領とダウェー開発に協力する覚書を交わした。
 
(3〜4日=Royal Thai Government)

この記事の提供会社

logo

週刊WiSE

http://www.wisebk.com/

メルマガ会員  
 

eck2018
出島