2015年7月29日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

国際的人身売買に関する報告、2014年度の起訴件数は10,051件

アメリカ国務省は27日、人身売買に関する年次報告書を公表した。世界180ヶ国以上を対象に、強制労働や強制買春に関する実態が報告されており、国際的な人身売買撲滅への課題に向けて、各国政府の取り組み度合いを4段階で評価している。

この記事の続きを読む

 
最高ランクにはEU諸国やアメリカ、オーストラリアなど先進国を中心に31ヶ国が名を連ねており、最低ランクには北朝鮮やタイ、イラン、ロシアなど23ヶ国が指定されている。日本は上から2番目のランクとなる「努力はしているが、対策は不十分」に分類されている。
 
2014年度において、人身売買に関する起訴件数は世界で10,051件にのぼり、過去3年間で増加傾向にある。また、認知された犠牲者数は44,462人とされ、そのうちの約25%は強制労働によるものだという。

この記事の提供会社

logo

世界経済のネタ帳

http://ecodb.net/

メルマガ会員  
 

eck2018
出島