2016年12月26日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

「米国産車」最多はトヨタ 部品使用率などで比較

「米国産車」最多はトヨタ 部品使用率などで比較

自動車売買サイトのカーズ・コムがこのほど発表した「米国産」自動車ランキングで、米国製の度合いが高い車を最も多く造っているメーカーはトヨタ自動車だった。

この記事の続きを読む

 
USAトゥデイによると、カーズ・コムは各モデルを国産部品使用率、生産地、販売台数の3つの基準から比較した。ただし、国産部品使用率が75%未満のモデルは対象外で、今年は8モデルが対象だった。
 
車種別の1位は2年連続でトヨタのセダン「カムリ」だった。2位以下はホンダのセダン「アコード」、トヨタのミニバン「シエナ」、ホンダのミニバン「オデッセイ」およびスポーツ多目的車(SUV)「パイロット」と続き、上位5モデルをトヨタとホンダの日本勢が独占した。
 
米メーカー3社では、6位にゼネラル・モーターズ(GM)のシボレー「トラバース」クロスオーバーSUVが入り、同じくGMのGMC「アケイディア」とビュイック「エンクレイブ」のSUV2モデルが続いた。3車種ともミシガン州ランシング工場で生産されている。
 
国産部品使用率はカムリ、シエナ、オデッセイ、パイロットがいずれも75%で、その他は80%だった。カーズ・コムのパトリック・オルセン編集長によると、ケンタッキー州ジョージタウンとインディアナ州ラファイエットの両トヨタ工場で生産されているカムリは、乗用車の国内ベストセラーであり、最も多くの米国人を雇用する車と言える。
 
ソース:http://usfl.com/2016/08/news_articles/103271

この記事の提供会社

logo

FrontLine

<a href="http://usfl.com/

メルマガ会員  
 

eck2018
出島