2017年1月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

訪日中国人の興味・関心のネット検索結果が発表

訪日中国人の興味・関心のネット検索結果が発表

バイドゥ株式会社は、2016年の日本において「百度検索(中国)」で検索されたキーワードを集計し、日本に関するキーワードを抽出、カテゴリー別にランキングを発表した。

この記事の続きを読む

 
在日中国人約66.6万人(2015年累計)、訪日中国人約600万人(2016年推計)の百度検索者が主な対象。
  
訪日中国人旅行客の日本体験に着目し、「都道府県」「観光地名」「芸能人」「キャラクター」「体験」「ファンション」「食」「犬、猫」の8カテゴリでランキングを発表。
これにより中国人が日本に来てからどのような興味・関心があったか、傾向を把握することができる。
 
行ってみたい日本の都道府県では1位大阪、2位東京、3位以下もお馴染みの渡航先だが、「大阪旅游攻略(大阪旅行ガイド)」「東京景点(東京名所)」などの複合ワードが多く、日本においては地域名よりも観光スポットをダイレクトに検索する傾向にあるようだ。

この記事の提供会社
メルマガ会員  
 

出島