2017年1月16日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

サッポロ、世界初のエタノール生産技術でタイ企業を支援

この記事の続きを読む

 
同社の発酵技術はキャッサバパルプを貴重な原材料に変え、糖蜜からのエタノール生産を低コストで実現する。
 
新型エタノール工場は、総工費15億バーツをかけ、タイ東部に建設が予定されており、2020年の操業開始を目指している。
1日当たりの生産量は最大20万リットル、温室効果ガス削減効果は年約12万トンになる見込みだ。
 
(参照)

この記事の提供会社

logo

Digima〜出島〜

http://www.digima-japan.com/

メルマガ会員  
 

eck2018
出島