2017年1月17日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

シンガポール経済開発庁、米広告大手と提携

シンガポール経済開発庁、米広告大手と提携

米広告大手オグリヴィ・アンド・メイザー(以下、O&M)とシンガポール経済開発庁(以下、EDB)は1月10日、3年間のマーケティング分野の強化に関する戦略的提携契約を交わした事を発表した。

この記事の続きを読む

 
同パートナーシップには、データ解析、カスタマーエンゲージメント(ブランド、製品に対する顧客の愛着心や親近感)マーケティング、マーケティングの自動化、ユーザーエクスペリエンス(製品やサービスを利用、消費した際に得られる体験)設計、デジタルメディアなどが含まれており、シンガポールのマーケティングサービス業界の発展が期待される。
 
同提携の一環として、シンガポールで広告関連の人材育成を推進し、同国を拠点に、世界の顧客向けに革新的なマーケティングソリューションの開発に取り組む方針だ。
 
EDBのアシスタントマネージングディレクターもまた、様々な企業と組み、地域のデジタルマーケティングを開発し、同国を世界的に有力な拠点とすることを目指すとしている。
 
(参照)http://www.wpp.com/wpp/press/2017/jan/10/ogilvy-signs-3-year-strategic-partnership-with-singapore-economic-development-board/
https://brandingforum.org/marketing/ogilvy-partners-singapore-economic-development-board/http://www.campaignasia.com/article/ogilvy-announces-singapore-edb-partnership/432854http://www.nna.jp/articles/show/1556750

この記事の提供会社

logo

Digima〜出島〜

http://www.digima-japan.com/

メルマガ会員  
 

出島