2017年1月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

香港・梁振英・行政長官、任期最後の施政報告を発表

香港・梁振英・行政長官、任期最後の施政報告を発表

梁振英・行政長官は1月18日、任期中5回目で最後となる2017年度施政報告(施政方針演説)を立法会で発表した。

この記事の続きを読む

 
「チャンスを生かし、経済発展、民生改善、調和を図る」と題し、経済発展、「一帯一路」、イノベーション・科学技術、住宅・土地、環境保護、交通・運輸、高齢者・弱者支援、リタイア後の生活保障・人口政策、教育・青少年育成、医療・衛生、文化・スポーツに関する政策を柱としている。
 
特に経済面では第13次5カ年計画(2016〜20年)と「一帯一路」戦略によって香港にもたらされる金融サービス、専門サービス、イノベーション・科学技術などの分野での商機に言及。リタイア後の生活保障では強制積立年金(MPF)オフセッティングの段階的撤廃を宣言したほか、高齢者向け生活保護を現行より約30%増の月3435ドルにすることなどが盛り込まれた。
 

この記事の提供会社
メルマガ会員  
 

出島