2017年3月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

中国ドローン大手「DJI」、アジア最大のカメラショー「CP+ 2017」にて最新ドローンを出展

中国ドローン大手「DJI」、アジア最大のカメラショー「CP+ 2017」にて最新ドローンを出展

DJI JAPAN 株式会社は、2月23日から26日までの4日間、パシフィコ横浜で開催される「CP+ 2017」に出展し、今年1月にCESで発表したハンディスタビライザーの新シリーズ「OSMO MOBILE SILVER」をはじめとするDJIの各製品を出品した。

この記事の続きを読む

 
期間中は昨年11月に発表した新製品「PHANTOM 4 PRO」と「INSPIRE 2」に加えて「MAVIC PRO」のデモフライトプレゼンテーションを実施したほか、ドローンの機体だけでなく搭載カメラの性能などを詳しく説明するプロダクトセミナーも行った。
 
DJIは現在、北米、ヨーロッパ、アジアに拠点を構え、世界100ヵ国を超えるユーザーが、映画、広告、建設、消防や農業をはじめとする多くの産業分野においてDJI の製品を愛用している。
 
>>あわせて読みたい『中国ドローン大手「DJI」の7機種が日本の国土交通省の基準クリア』

この記事の提供会社
メルマガ会員  
 

出島