2017年3月16日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

日本企業3社、フィリピンへ総額145億ペソの投資

日本企業3社、フィリピンへ総額145億ペソの投資

フィリピンの貿易産業省は、自国に対し、日本企業3社が計145億フィリピンペソを新たに投資することを発表した。

この記事の続きを読む

 
これら3社はフィリピン国内で直接、及び間接的に約3万人の雇用を生み出す意向だ。ドゥテルテ比大統領政権下においてこの3社のラインナップは最新のものであり、特に常石造船株式会社は既に2つのプロジェクトを持っている。
 
同社は50億ペソ規模の再生プロジェクト用の船を計画しており、以前に102億ペソ規模の2つのプロジェクトをネグロスとミンダナオ島で行っている。
 
一方ので一条工務店は、約20億円規模の既存のオペレーションをカヴィテ州で拡大する予定だ。
 
(参照)http://business.inquirer.net/225509/3-japan-firms-infusing-p14-5b-ph-operations

 
海外ビジネスEXPO
この記事の提供会社

logo

Digima〜出島〜

http://www.digima-japan.com/

メルマガ会員  
 

出島