2017年8月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

米国のスパイダーシルク生産企業がベトナムにて拠点を拡大

米国のスパイダーシルク生産企業がベトナムにて拠点を拡大

スパイダーシルク繊維開発大手の米国企業が、7月25日のプレスリリースでベトナムでの生産基盤拡大を発表した。

この記事の続きを読む

  
ミシガン州アナーバーに本社を置くKraig Biocraft Laboratoriesは、ベトナムでの本社を桑畑に近く、国際空港や港湾へのアクセスも良いクアンナム省に置くと発表した。
 
同社のJon Rice COOは、予定地も決定し、革新的なハイブリッド・遺伝子組換技術によるスパイダーシルク開発のための認可取得書類の準備を進めていると述べた。
Kraig Biocraft Laboratories, Inc. (OTCQB:KBLB)は世界の繊維産業での活用を意識したスパイダーシルク生産技術で数々の技術革新を実現してきた。
 
同社はベトナムへと拠点を拡大し、縫製産業の絹部門での遺伝子組換蚕の商業化を図る。絹市場は中国市場のみで年間30-50億ドルの規模があると同社は解説している。
 
ソース:http://apparelresource.asia/news/item_2980.html

 
海外ビジネスEXPO
この記事の提供会社

logo

中国プラスワン時代に必須!  東南アジア地域アパレル生産情報の決定版

http://apparelresource.asia/

メルマガ会員  
 

出島