2017年9月12日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

アフリカの一般所得者向けの資産形成サービス

アフリカの一般所得者向けの資産形成サービス

独自の進化を遂げるアフリカのFintech系スタートアップ

アフリカでは現在、フィンテック領域のビジネスに挑戦するスタートアップが増えている。

この記事の続きを読む

ナイジェリアのスタートアップ、「CowryWise社」もその一例だ。
https://www.cowrywise.com/
 
CowryWise社は、誰もが利用できる個人貯蓄・資産形成・ウェルスマネジメントサービスを開始した。
彼らの事業目的は、「資産管理と資産管理サービスを民主化し、すべての人が利用できるようにすること」だ。
アフリカの裕福とは言えない一般ユーザーの貯蓄・投資習慣を育成すること。それが彼らが目指すビジョンである。
CowryWise社の共同設立者兼CEO(最高執行責任者)のRazaq Ahmed氏は、「これらの金融サービスは、裕福な人しか利用できない。一般的な所得層の人々が自由に資産形成出来る様になることこそ重要。」
と述べている。
 
ユーザーはCowryWise社の貯蓄プラットフォームに貯蓄することで、ナイジェリアの銀行の(平均)2倍以上の金利が得られる。
アフリカでは、貯蓄は通常、銀行口座を開設する以上に難儀なものとなっている。
アフリカの一般の人々は、信用の観点から資産管理など他の金融サービスを利用しにくい状況にあるためだ。
 
そこで、一般の人でも貯蓄が出来、資産形成の習慣を育成していこうと立ち上がったのがCowryWise社、というわけだ。
決済インフラの発展と携帯電話およびインターネットの普及により、このようなオンライン型プラットフォームサービスが実現した。
同社のビジネルモデルはとてもシンプルだ。金融仲介料を獲得していくことでマネタイズを図っている。
また、同社は現在、貯蓄を集約してリスクフリー商品に投資し、目標を上回る貯蓄率を維持している。
 
同社の課題は何か。
現時点では、積極的なユーザー獲得が焦点となっている。
また、「信用力」もまだまだ同社の課題といえる。
 
また同社は、ユーザーが外出時などで手が離せない時でも投資実施が出来る様、AI搭載のチャットボットである「Sisi」もローンチしている。
彼らはこれを、Facebook Messengerのプラットフォーム上で構築し、1800万人以上のナイジェリア人が簡単にアクセスできるようにした。
 
現時点では彼らの焦点はアフリカ最大の人口を誇るナイジェリア市場だが、今後、第2段階としてアフリカ全土への拡大を計画している。
 
Ahmed氏は、「何百万人ものナイジェリア人が自らの資産を増やしていけば、やがて彼らはアフリカや世界の他地域に対し、我々のサービスを通じて投資をしていくだろう。拡大に必要となる追加資金については、年末までに纏まった金額を調達するつもりだ。」と述べている。
 
Fintech、AIといった日本でも注目されている先端技術が、アフリカで独自の進化を遂げている。
アフリカ市場から、目が離せない。
 
 
 
(参照)アンドアフリカ合同会社、コーポレートウェブサイト
http://andafrica.co.jp/?p=855

 
海外ビジネスEXPO
この記事の提供会社

logo

アンドアフリカ合同会社

http://andafrica.co.jp/

メルマガ会員  
 

出島