2017年11月27日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

ソフトバンク、サウジアラビアへ最大250億までの投資計画を立てる

ソフトバンク、サウジアラビアへ最大250億までの投資計画を立てる

ソフトバンクグループは向こう3-4年でサウジアラビアに最大250億ドルを投資する計画を立てている。

 

この記事の続きを読む

この計画には、紅海沿岸に建設される予定の新たな都市「NEOM」への150億ドル規模の投資も含まれる。

 

NEOMのプロジェクトはエネルギー、水、バイオテクノロジー、食糧、先進的製造業、そしてエンターテイメントの分野まで網羅している。

 

また、サウジアラビアの政府系ファンドはソフトバンクのテクノロジー分野に特化した「ビジョン・ファンド」に最大450億ドルまで投資する契約を交わしており、今後両者の関係強化が期待される。

 

ソース: (http://gulfbusiness.com/japans-softbank-invest-25bn-saudi/)

この記事の提供会社

logo

Digima〜出島〜

http://www.digima-japan.com/

メルマガ会員  
 

eck2018
出島