• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

「ミャンマーの納税者ランキング」 1位は飲料大手「ダゴン・ビバレッジ」

「ミャンマーの納税者ランキング」 1位は飲料大手「ダゴン・ビバレッジ」

ミャンマーの計画・財務省、国内税務管理局は1月21日、2016年度の納税者番付(1位~50位)を発表した。国営新聞「Myanma Alinn」が1月22日に伝えた。

この記事の続きを読む

 
商業税の部門では、ダゴン・ビバレッジがトップで200億Ks以上を納税。
 
2位以下はミャワディ・トレーディング、デンコ・トレーディング、PTパワー・トレーディング、シュエビャインピュー、インターナショナル・ビバレッジ・トレーディング、エイジア・エネジー、ロイヤル・ミャワディ・ディスティラリー・グループ、シティマート・ホールディング(いずれも200億Ks未満)、リージェンシー・マテリアル・トレーディング(100億Ks未満)となっている。
 
法人税の部門では、カンボーザ銀行がトップで280億Ksを納税。カンボーザ銀行は6年連続で同部門のトップとなっている。
 
2位以下はダイヤモンド・スター、ミャワディ銀行、シュエタウン・デベロップメント、ミャンマー・エコノミック・ホールディングス、ミャワディ・トレーディング、PTパワー・トレーディング、ティラワSEZマネージメント・コミッティー(いずれも100億Ks未満)、ジンポーアウン・ジェード&ジュエリー、ミャンマー・オーバ(いずれも50億Ks未満)だった。

Photo by @ccfoodtravel on Flickr

この記事の提供会社

logo

ヤンゴン発・ミャンマーのビジネスに"使える"日本語情報誌

http://myanmarjapon.com/

メルマガ会員  
 

eck2018
出島