2018年10月30日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

香港「建設作業員の賃金」4.5%増、過去10年で最低

香港「建設作業員の賃金」4.5%増、過去10年で最低

香港の建設作業員組合に当たる建造業総工会が、建設作業従事者の賃金(日給)ベースアップに関する請負業者との交渉結果を10月23日に発表した。

この記事の続きを読む

   
24日付香港各紙によると賃金アップは10年連続で、昇給幅は16職種平均で4.5%、11月から実施されるという。しかし、上げ幅は過去10年で最も低い。
 
昇給幅では天井の施工(1100ドル→12500ドル)が13.6%と最も高く、逆に昇給がなかったのはショベルカー操縦士で昨年と同じ1400ドルとなっている。
 
建造業総工会の周連僑・副会長は「立法会議員の議事妨害によってプロジェクトが延期されている」と批判。建設工事が一時的になくなることがあれば、その反対に短期内に大量の工事があるなど不安定な状況で、今年のベースアップに影響を及ぼしたと話している。
  
ソース:https://www.hkpost.com.hk/20181030_14660/

この記事の提供会社
メルマガ会員  
 

出島