2019年6月5日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

香港:技術情報持ち出し事案の捜査にAI

香港:技術情報持ち出し事案の捜査にAI

株式会社FRONTEOは先ごろ、台湾当局の調査に、当社の人工知能(AI)「KIBIT」(キビット)が採用されたことを発表した。

この記事の続きを読む

通常、自然言語処理に使用されるKIBITですが、今回はプログラミング言語のコード解析でもその有用性が実証された。
 
同事案は、台湾域内で発生した機密情報漏洩事件に関するもの。会社員A氏はB社を退職し、C社に転職。その際にB社からプログラミングコードを含む機密情報を持ちだした疑いが指摘され、台湾当局が調査に乗り出したものの、調査対象がプログラミングコードであったことから、AIを用いたテキスト解析を主業務としているFRONTEOに調査協力の依頼がありった。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■記事提供 「日刊香港メールニュース」
  
■香港と中国本土の政治・経済・社会ニュースを日本語でメルマガ限定でお届けしています。月〜金曜日に毎日配信。今なら無料で配信登録できます。
 
■登録はコチラから
http://maroon-ex.jp/fx140298/ktiYEc
 
※hotmail、outlook、icloud、http://me.com は現在のところ配信されにくいので、ご注意ください
※メールアドレスの入力ミスにご注意ください

この記事の提供会社

logo

「日刊香港メールニュース」香港と中国本土の政治・経済・社会ニュースを日本語でメルマガ限定でお届けします

http://maroon-ex.jp/fx140298/ktiYEc

メルマガ会員  
 

出島