2019年11月22日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

フィリピン:ダバオ市に新地区が誕生か?市議会は本格審議へ

フィリピン:ダバオ市に新地区が誕生か?市議会は本格審議へ

第19回ダバオ市議会で、市に第四地区を設置するための審議を開始された。現在ダバオ市は3つの地区にわかれており、人口増加や地区ごとの土地の不足から、追加地区の検討が以前より行われている。

この記事の続きを読む

 
第二地区市議会議員のDanilo Dayanghirang氏は以前の報告書で、1987年のフィリピン憲法第5条より、ダバオ市は地区を追加する条件を満たしていると説明し、地区を3から6に倍増することを提言していた。しかし、都市開発計画事務局(City Planning and Development Office 以下CPDO)は、資金面を考慮すると、追加の地区は1つのみが現実的であるとした。
 
さらに、第二地区市議会議員のJavi Campos氏は、CPDOとDayanghirang氏の提案を合わせ、3つの追加地区を逐次構築していくことが最善のプランであると説明した。
 
地区を追加することにより、過密人口の分散や、細やかな公共サービスの実現が可能になるかもしれない。しかし、政治的に大きな動きがうまれることが予想されるため、ダバオ市議会とCPDOは計画を緻密に練ることが必要だろう。
 
ソース:https://davawatch.com/articles/2019/11/13/14537.html

この記事の提供会社
メルマガ会員  
 

出島