2015年8月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

ジョホール州の貯水池、水位が低下

ビビアン・バラクリシュナン環境・水資源相は3日、シンガポールに水を供給しているジョホール州のリンギウ貯水池の水位が記録的に下がっていると発表。

マレーシアのジョホール州では長引く乾季で貯水池の水位が下がり続けている。現在は常時満水位の54.5%にまで貯水量は減少。

この記事の続きを読む

 
バラクリシュナン環境・水資源相は、貯水地の水量が減少傾向にあることを受け、1日あたり250万ガロンの水がマレーシアから確保できるのか懸念を示した。

1962年にシンガポール政府は、ジョホール州との間で、1日あたり250万ガロンの水をジョホール州の川から確保できる水協定を交わした。この水量は現在シンガポールが1日に必要とする水の60%にあたる。

リンギウ貯水池は1994年に、水をシンガポールに安定的に供給することを目的に設けられた。

~The Straits Times 8月4日~

この記事の提供会社

logo

KAMO CONSULTANCY

http://www.kamobs.com/

メルマガ会員  
 

eck2018
出島