2015年11月5日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

香港に弁当&おにぎり専門店「TEN-MUSUBI」がオープン

香港に弁当&おにぎり専門店「TEN-MUSUBI」がオープン

セントラルにあるIFCモールで11月3日、おにぎり・弁当専門店「TEN―MUSUBI」がオープンした。同店を運営するのは百農社国際有限公司。

この記事の続きを読む

2010年から香港域内で「華御結(はなむすび)」13店舗を展開し、今回はプレミアムブランド・スタイルのショップをオープン。甘味のある「新潟産コシヒカリ特Aクラス100%」を使用している上、今年収穫したばかりの新米を香港で精米し出来たての状態で提供する。
 
弁当はオーダーを受けてから炊き立てのご飯を入れるなど一工夫している。弁当は副菜がたっぷり入った天御膳(100ドル)、椿御膳(120ドル)など5種類。おにぎりは辛口明太子(25ドル)、ツナマヨ(25ドル)、焼肉(25ドル)、塩麹鮭(25ドル)など5種類。メニューは定期的に変えていく。
 
百農社国際の西田宗生・董事長は「香港は最大の輸出先。多くの人に(日本食が)消費されている香港で、より日本米を食べてもらいたいというのが最大の願い」。まずはリーズナブルで手軽に食べられる「おにぎり」の旨さを知ってもらうことと話す。今後は香港10店舗、さらに華南地域での展開を狙う。

この記事の提供会社
メルマガ会員  
 

出島