2016年12月30日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

国連事務総長、任期満了後に自国、韓国に奉仕を表明

国連事務総長、任期満了後に自国、韓国に奉仕を表明

潘基文(バン・ギムン)国連事務総長は12月21日、米ニューヨークの国連本部で韓国報道陣との最後の記者会見を行い、任期満了後の自身の進退について、国民の意思が最も重要だと述べ、帰国後に各界の国民の意見を聞き決定するとする一方、「微力ながら国の発展のため、国民の福利と暮らしの増進のために私の経験が必要ならば努力する用意がある」と強調した。

 

この記事の続きを読む

 
同氏は依然として直接的な明言を避けてはいるものの、国連事務総長として勤め上げた10年間の経験から学んだ多くの事を活かし、韓国を発展させるために全力を尽くすと宣言しており、事実上、年末で任期を終え、来年の韓国大統領選出馬を宣言したものと受け止められる発言をした。
 
また同氏はすでに、次期大統領候補者としての投票において、2番目に多い支持を受けている。
 
(参照)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161221-00000004-yonh-kr
-->

この記事の提供会社

logo

Digima〜出島〜

http://www.digima-japan.com/

メルマガ会員  
 

出島