2017年1月6日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

住友ゴム、英国の「ダンロップ」ブランドの商標権を取得

住友ゴム、英国の「ダンロップ」ブランドの商標権を取得

スポーツ用品事業などを展開する英国のスポーツ・ダイレクト・インターナショナル(以下、SDI)は12月27日、海外での「ダンロップ」ブランドの商標権やライセンス事業を、住友ゴム工業に約161億円で売却する事を発表した。

この記事の続きを読む

 
取引は2017年5月31日までに完了予定となっている。
 
今回の買収に伴い、住友ゴムは日本や韓国、台湾で展開していた同ブランドのテニスやバドミントン用品を、全世界で製造販売が可能となる。
 
SDIは英国最大のスポーツ用品小売業者であり、全世界で約670店舗を展開している。今回、住友ゴムが買収した事業の売上高は約62億円で、子会社のダンロップスポーツと共同出資する新会社が2017年6月末までに事業を引き継ぐ予定である。
 
(参照)https://www.rte.ie/news/business/2016/1228/841592-sports-direct-to-sell-dunlop-brand-to-sumitomo/

 
海外ビジネスEXPO
この記事の提供会社

logo

Digima〜出島〜

http://www.digima-japan.com/

メルマガ会員  
 

出島