2017年1月20日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

香港の失業率、通年平均は3.4%

香港の失業率、通年平均は3.4%

特区政府統計処は1月19日、2016年10~12月の失業率(速報値)を3.3%と発表した。

この記事の続きを読む

 
前月発表(9~11月)から横ばい。失業率は主に情報・通信業、貿易業で低下した。
 
不完全就業率は1.4%で、前月発表と同じ。就業者数は約1万700人増えて381万7000人、労働人口は約2200人増えて約393万9100人、失業者数は約8600人減って約12万200人となっている。
 
特区政府労工及福利局の張建宗・局長は「2016年末の労働市場は安定しており、失業率は3.3%にとどまった。
 
また、不完全就業率10カ月連続で1.4%を維持した。2016年通年では、就業者数は0.8%増、労働人口は0.9%増だった。通年の失業率は平均3.4%で、低い水準を維持した」と述べた。

この記事の提供会社
メルマガ会員  
 

出島