2017年2月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

台湾の基隆沖に、イタリアが放射性廃棄物を投棄? 原子力委員会が調査始める

台湾の基隆沖に、イタリアが放射性廃棄物を投棄? 原子力委員会が調査始める

海外メディアが、イタリアの貿易商が台湾近海に缶入り放射性廃棄物20万個分を投棄したと伝えたことから、台湾の行政院原子能委員会(原能会=原子力委員会)は専門チームを立ち上げ調査に乗り出した。

この記事の続きを読む

 
報道では1989-1995年にイタリアの貿易商が原子力発電所からの放射性廃棄物の処理を請け負い、実際には台湾北部、基隆沖の海域に投棄していたという。
 
放射性廃棄物の海洋投棄は1970年代から規制され、1993年には全面禁止になった。
原能会の暦年の調査では指摘された海域での汚染は確認されていないが、専門家は放射性物質の漏えいも考えられるとしており、原能会は緊急調査を実施し、週内に結果を公表するとしている。
 
>>あわせて読みたい 『福島原発事故から5年、香港で「安心安全セミナー」開催』
 

 
海外ビジネスEXPO
この記事の提供会社

logo

な〜るほど・ざ・台湾

http://www.naruhodo.com.tw/

メルマガ会員  
 

出島