2017年3月28日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

香港のエスカレーター事故、オーチス社の社員2人が捜査妨害で逮捕される

香港のエスカレーター事故、オーチス社の社員2人が捜査妨害で逮捕される

旺角のショッピングモール「朗豪坊」の45メートルもある上りエスカレーターが高速で逆行、18人ものけが人を出す大事故となった。

この記事の続きを読む

  
3月26~27日付香港各紙によると、事故が起きたのは3月25日午後4時ごろ。目撃した人の話では、「ガッ、ガッ」という音が聞こえたとたんエスカレーターが高速でおよそ10数秒間にわたり逆行したという。
  
エスカレーターに乗っていた100人ほどの利用者が下階で将棋倒しになる惨事となった。けが人は18人で、ほとんどの人がすでに帰宅しているが、将棋倒しの利用者の一番下で下敷きになった男性2人は現在も病院で治療が続けられている。
 
一方、機電署などが事故原因の調査を行っている中、メンテナンス業者が事故直後のエスカレーターのシステムに手を加えていた事が発覚。
 
警察では調査上の情報収集に影響を及ぼす重大な違法行為とみなし、オーチス社員の22歳と52歳の男2人を捜査妨害の罪で逮捕した。
 
同エスカレーターはオーチス製で2004年の導入以来、メンテナンスも同社が請け負っていた。年に2回の全面点検が1月27日に、定期点検が事故の2日前の23日にあったばかりだという。
 
>>あわせて読みたい 『サイアム日立、タイ拠点にアジア市場外への輸出拡大を目指す』

この記事の提供会社
メルマガ会員  
 

出島