2017年3月30日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

チャイナ・ユニコム、ファーウェイ(華為技術)と協業

チャイナ・ユニコム、ファーウェイ(華為技術)と協業

チャイナ・ユニコム(中国聯通)広東支社(広東ユニコム)は2月25日、ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)との協業により、広東省広州市において政府および企業向けのSD-UTN(Software Defined Unified Transport Network)ベースの商用スマート専用線サービス『智享専車(ジーシァンジュアンチュ)』を発表した。

この記事の続きを読む

 
この商用トライアルは、差別化された専用線製品とプロアクティブなサービスの提供、運用効率の向上、ネットワーク・トラフィック管理の実現を目指す広東ユニコムの取り組みが成功したことを初めて示すもの。
 
このトライアルを支える重要な技術ソリューションであるファーウェイの革新的なCloudMetroアーキテクチャによって、広東ユニコムは、政府や企業のユーザーに対して専用線の優れた体験を提供し、サービス展開の大幅な時間短縮と、O&Mコストの削減を実現する。
 
>>あわせて読みたい 『ファーウェイ(華為技術)、新興国の成長を支援』

この記事の提供会社
メルマガ会員  
 

出島