2017年4月27日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

香港特区政府、電力会社の利益保証を8%に引き下げ

香港特区政府、電力会社の利益保証を8%に引き下げ

特区政府は4月25日、電力2社との新たな監督管理協定に調印し、両社に対する利益保証を引き下げた。26日付香港各紙によると、これは中華電力と香港電灯の両電力会社が政府と交わした監督管理協定が2018年に満了するのに伴うもの。

この記事の続きを読む

 
現行協定では政府は両社に対し9.99%の利益回収率を保証しているが、新協定ではこれを8%に引き下げる。
 
新協定は中華電力が18年10月1日、香港電灯が19年1月1日に発効。
期間は15年で、2033年まで有効、5年ごとに再検討する。
  
特区政府環境局の黄錦星・局長は、他の要素が変わらないとすれば利益保証の引き下げによって19年の電気料金は5%以上引き下げられるとの見通しを示したが、両社は予測が難しいとして電気料金に関する見方を保留した。

旧・香港政庁が1994年に両社と交わした協定では固定資産投資に対し13.5%(実質的には15%)の利益が保証され、2008年の更新で9.99%に引き下げられていた。
 
>>あわせて読みたい 『日本政府、フィリピンの電力供給問題の支援へ』

この記事の提供会社
メルマガ会員  
 

出島