2017年6月16日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

【香港―社会】医師や看護師、2030年に1000人不足

【香港―社会】医師や看護師、2030年に1000人不足

2030年には医療従事者が不足し、医師と看護師は1000人以上足らなくなると予測されるという。

この記事の続きを読む

6月15日付香港各紙によると、これは特区政府が香港大学に委託した調査で、2015年の医療サービスモデルと水準、未来の人口の高齢化、社会福祉措置などの要素から13種の有資格医療職の需要を推算したもの。
 
その結果、医師、歯科医、看護師など主な医療職9種で2030年に人材不足となることが分かった。現在香港には医師が約1万4000人いるものの、医師不足は昨年の285人から、2025年にはそれが75人にまで拡大し、2030年には1007人が不足することが予測される。普通科の看護師不足はさらに深刻で、2020年の455人から2030人には1669人が不足する事態になるという。この状況をかんがみ、教育資金援助の増額や定年した医師の再雇用期間の延長、海外からの医療従事者の招聘など、10の対策が提案されている。
 
ソース:https://www.hkpost.com.hk/20170616_1122/

この記事の提供会社
メルマガ会員  
 

出島