2017年8月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

「WeChat(微信)」と連携した越境EC構築システムのサービスが開始

「WeChat(微信)」と連携した越境EC構築システムのサービスが開始

JC Connect株式会社(JCC)は、中国インターネットサービス大手、テンセント(騰訊控股有限公司)が提供するインスタントメッセンジャーアプリ「WeChat(ウィーチャット)/微信」のAPIを活用した越境ECシステム『ShopCN(ショップシーエヌ)』のサービス提供を7月18日から開始した。

この記事の続きを読む

   
中国人旅行客の“爆買い”で注目となったインバウンド需要。これを受け一つのマーケットとして成長しているのが「越境EC」。
  
しかし、多くの日本企業が中国マーケットへのビジネス展開を狙うなか、中国大手ショッピングモールの審査の厳しさ、保証金と年間利用料が高額であるという弊害により、導入を見送ってきた。
  
この度、JCCがスタートする『ShopCN(ショップシーエヌ)』は、月間9億3800万ユーザー(3月時点)が利用する「WeChat/微信」の公式アカウント上にAPIで連携、自社越境ECサイトを構築できる日本初のサービス。
  
これにより中国人消費者向けに商品を販売したい日本企業は、低コストでECサイトを運営することが可能となり、「WeChat/微信」の機能の一つであるオンライン決済サービス「WeChat Pay」での支払いにより、中国人消費者がスムーズに買い物できるほか、日本企業は円建てでの決済ができ、中国での銀行口座を開設する必要もない。
 
※画像出典元:http://jc-connect.co.jp/
 

この記事の提供会社
メルマガ会員  
 

出島