2017年11月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

地方を結ぶ交通の拠点、アユタヤが人口増へ

地方を結ぶ交通の拠点、アユタヤが人口増へ

バンコクから近いアユタヤに移り住むタイ人が増えている。

この記事の続きを読む

 
不動産調査のプラスプロパティー社によると、バンコクからタイ北部、東北部を結ぶ拠点であるアユタヤに移り住む人が増えている。
 
大規模な工業団地もあり、タイ人のほか、外国人労働者も増えており、今後は路線の整備も進み、将来的には住居は増えると見られる。
 
新規の住まいの形態では、300万バーツ以下のタウンハウスが中心で、全体の55%。続いて、500万バーツほどまでの一軒家が40%、コンドミニアムは新しい形だがまだ5%と浸透していない。
 
アユタヤは以前、大洪水の際は大きな被害を受け、最近はタイ東部のチャチェンサオーチョンブリーーラヨーンのEECでの開発が脚光を浴びているが、北部、東北部に行く際の重要な拠点であることは変わらず、今後も発展していく見通しだ。
 
ソース:https://goo.gl/SnS3Nh

メルマガ会員  
 

出島