2017年11月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

香港の公共住宅の入居申請、再び28万件を突破

香港の公共住宅の入居申請、再び28万件を突破

減少傾向が見られていた公共住宅の入居待ち世帯数が再び増加したことが分かった。

この記事の続きを読む

11月11日付香港各紙によると、房屋委員会が10日に発表した2017年9月末現在の賃貸型公共住宅の累積入居申請(当選待ち状態)は28万100件で、前期(3月末)から2300件増加した。

うち一般(家庭)の申請者は15万2700件で前期から5400件増加。平均待ち時間は4.6年で、前期の4.7年からやや改善したものの、四捨五入による影響に過ぎない。非高齢の単身申請者は1200件減少の12万7400件となった。

高齢の単身申請者の待ち時間は前期と同じ2.6年となっている。房屋委員会資助房屋小組メンバーで民主建港協進連盟(民建連)の柯創盛氏は「待ち時間3年の承諾から依然深刻に乖離している」と述べ、公共住宅を毎年平均2万戸建設する目標も達成できてないと指摘した。

この記事の提供会社
メルマガ会員  
 

出島