2018年3月20日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

日本の鉄道会社3社 台湾で「観光貢献賞」を受賞

日本の鉄道会社3社 台湾で「観光貢献賞」を受賞

京浜急行電鉄株式会社、山陽電気鉄道株式会社及び阪神電気鉄道株式会社は、台湾観光局から「2018 台湾観光貢献賞」を授与された。

この記事の続きを読む

    
「台湾観光貢献賞」は台湾観光局が1年を通じて台湾観光に貢献した企業等を選定し、授与するもので、今回、東西の鉄道会社3社が同時に受賞し、3月1日に台北で台湾の陳建仁副総統らが臨席の下、授与式が開催された。
  
京急電鉄は2015年2月に、台湾鉄路管理局(台鉄)と友好鉄道協定を締結し、以後、羽田空港国際線ターミナル駅構内に台湾PRパネルを設置したほか、台鉄との相互スタンプラリーを実施。
  
山陽電鉄は、2014年12月に台鉄と姉妹鉄道協定、2015年12月には観光連携協定を締結し、関西地区で初となる乗車券相互交流やラッピング列車「Meet Colors!台湾」号の運行を行った。
  
阪神電鉄は2016年から阪神甲子園球場において阪神タイガースが主催するプロ野球の公式戦のうち一部の試合を「台湾デー」として開催した。
 
ソース:https://www.hkpost.com.hk/20180320_7958/

この記事の提供会社
メルマガ会員  
 

出島