2018年4月12日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

中国が偽ブランド・パクリをシャットダウン 日本にも協力を呼びかけ

中国が偽ブランド・パクリをシャットダウン 日本にも協力を呼びかけ

去る3月15日、港区高輪の品川プリンスホテルにて、日中のビジネスに関心を持つ中小企業の経営者、マスコミ関係者ら、大勢の人が詰めかけ、中国政府機関とさらなる広範囲のパートナーシップ協定の調印式を行うとともに、「NIOT JAPAN」が始動する初のお披露目の場となった。

この記事の続きを読む

 
中国政府は2020年を目処に、中国市場に出回っている偽造品を撲滅し、正規品のみが取引できるよう全てのモノに商品管理コード(個体管理システム)を可視化する取組み「NIOTプロジェクト」を開始した。
 
すでに中国政府より日本だけではなく全世界に働きかけが始まっていて、動き始めている国もある。
 
中国政府から承認を得た唯一の日本機関「一般社団法人日中物聯網標識管理公共服務平台(NIOT JAPAN)」は日本側の窓口として設立した。今後は日本製品の技術や知的財産を守るため、日本企業へ啓蒙していくそうだ。
 
ソース:https://www.hkpost.com.hk/20180410_8344/

この記事の提供会社
メルマガ会員  
 

出島