2018年3月9日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

国際的なキャッシュレス化の波 中国はスマホ決済主流も日・独は未だ現金

国際的なキャッシュレス化の波 中国はスマホ決済主流も日・独は未だ現金

株式会社クロス・マーケティングは、日本、中国、アメリカ、ドイツに在住する18~64歳の男女を対象に「日本と海外における決済に関する調査」を実施した。

この記事の続きを読む

 
現金以外の手段で決済を行うキャッシュレス化が国際的に進んでいる。街なかでの買い物の決済手段としては、全体的に現金やクレジットカードでの決済が多い。
 
最もよく使う決済手段をみると、日本とドイツは現金決済の割合が高い。しかし、中国はスマートフォン、アメリカはクレジットカード、デビットカードが最もよく使う決済手段として挙げられており、キャッシュレス化が進んでいるといえる。
 
5年前と現在を比較した決済手段の利用の増減について各国全体でみると、現金以外の決済手段について「増えた」とした割合が高いことが判明。特にスマホや電子マネーの利用が増えたと感じていることがわかる。現金決済も約3割が「減った」と回答しており、今後さらにキャッシュレス決済が利用できる店舗が増えるのではないかと考えられる。
 
ソース:https://www.hkpost.com.hk/20180308_7634/

この記事の提供会社
メルマガ会員  
 

出島