2018年9月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

華為技術(ファーウェイ)が世界2位のスマホブランドに 中国ではシェア1位

華為技術(ファーウェイ)が世界2位のスマホブランドに 中国ではシェア1位

カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチは、自社のMarket Monitorサービスによる2018年第2四半期のスマートフォン市場の最新市場調査を発表した。

この記事の続きを読む

 
全世界のスマートフォン出荷台数は、2018年第2四半期には年率換算で2%の減少となり、トップ10社が市場の79%を占め、残りの21%の市場で 600以上のメーカーが熾烈な競争を繰り広げている。
 
中国、米国、西欧などの先進国では、買い替えのサイクルが長くなった結果、販売が失速し、世界のスマートフォン需要を押し下げる傾向が顕著に見られる。Huaweiは飽和しつつある中国市場において首位、そしてグローバルでは単一四半期として初めてとなる第2位の座を獲得した。
 
Huaweiの躍進について、カウンターポイント社のアソシエイトディレクターTarun Pathak氏は「2018年第2四半期におけるHuaweiの業績は好調であり、スマートフォン出荷台数でAppleを上回り、過去7年間続いたAppleと Samsungの二強体制に代わって、全世界のスマートフォンランキングで第2位の座を獲得した。Huaweiは、プレミアム機種を市場へ投入するとともに、サブブランドであるHonorの急成長で、中級機市場セグメントを取り込むことで、市場シェアを伸ばした」と述べた。
 
ソース:https://www.hkpost.com.hk/20180912_13413/

この記事の提供会社
メルマガ会員  
 

出島