2016年2月4日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

トラベルズー、中国人を対象に旅行に関する意識・動向調査を発表

トラベルズー、中国人を対象に旅行に関する意識・動向調査を発表

厳選した旅・食・遊情報を提供するオンラインメディア「トラベルズー」を運営するトラベルズー・ジャパン株式会社は、中国本土でトラベルズー中国の会員を対象に実施した旅行に関する意識・動向調査の結果から、中国本土における2016年の旅行者の傾向をまとめた。

この記事の続きを読む

 
調査時期は2015年11月16日~12月19日、有効回答数はトラベルズー中国会員: 2111人。
 
主な調査結果は、
(1)中国人が訪れたい国として「日本」が、3年連続で1位
(2)日本で体験してみたい宿泊施設は旅館の露天風呂付きの部屋
(3)人気の日本食は、王道の寿司・刺身。続いて和食・懐石料理。3位は和牛ステーキ
(4)中国人旅行者は、日本に歓迎されていると認識
(5)旅行の様子や写真、ビデオをシェアする際に主に利用するのはWeChat(微信)
(6)旅行の回数は減少傾向だが予算は増加しており、クオリティの高い旅のスタイルへシフトしてきている

――となっている。
 
photo by Clay Gilliland on flickr

この記事の提供会社
メルマガ会員  
 

出島