• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

国際金融センター指数、香港が4位に後退、3位はシンガポールに

国際金融センター指数、香港が4位に後退、3位はシンガポールに

英シンクタンクのZ/Yenグループが4月7日に発表した国際金融センター指数(GFCI)で、香港は世界3大金融センターから脱落したことが分かった。

この記事の続きを読む

 
8日付香港各紙によると、同指数では長期にわたってトップ3はロンドン、ニューヨーク、香港が占めていたが、今年は香港が昨年の3位から4位に後退し、昨年4位だったシンガポールが3位となった。香港がトップ3から脱落するのは2009年以降で初めて。また中国本土では上海がトップで、昨年に比べ5ランク上昇の16位。深センが4ランク上昇の19位だった。
 
特区政府財経事務及庫務局は「香港とシンガポールのGFCIの差はわずか2ポイントであり、域内での金融サービス業の競争が激しくなっていることを示している」と述べ、香港のアジア太平洋地域の資産運用センターとしての卓越した地位を強化し、人民元オフショア業務をさらに発展させ、併せて香港の資金調達機能を向上させるための措置を推進すると説明した。

この記事の提供会社
メルマガ会員  
 

出島