2015年12月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

深センで、初の香港商品ショッピングモールが試業、並行輸入対策

深センで、初の香港商品ショッピングモールが試業、並行輸入対策

深セン市前海で12月7日、周大福全球商品購物中心(CTF HOKO、旧称・前海港貨中心)が試験営業を開始した。

この記事の続きを読む

 
8日付香港各紙によると、これは前海に設置された初の香港ブランド商品を集めたショッピングモールで、香港の並行輸入問題に対処するために造られた。
 
周大福企業と新世界発展が3億5000万ドルを出資、第1期は約7000平方メートル、3フロア。周大福、莎莎、美心西餅、位元堂、ジョルダーノなど21店舗が入居し、宝飾品、食品、医薬品、化粧品、粉ミルク、紙おむつなどを販売。
 
深セン市民に香港とほぼ同じ価格で提供され、粉ミルクの購入制限もない。さらに第2期も来年半ばに完成する予定で、面積は1万2000平方メートル、5フロアで100店舗余りが入居する。
 
photo by

この記事の提供会社
メルマガ会員  
 

出島