2016年4月26日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

北京行政、電気自動車サポートのために大規模なインフラ支援の計画

北京行政、電気自動車サポートのために大規模なインフラ支援の計画

中国公式の国営メディアが、北京行政が2020年までに、電気自動車の充電ステーションを最大20倍ほどまで展開すると発表。北京の発展改革委員会(NDRC)が、北京全体と周辺の地域では、任意の点から半径1km圏で必ず充電ステーションが見つかる状態にするという目的に沿って、 435,000の充電ステーションを建設する計画である。

この記事の続きを読む

 
中国では時を同じくして2020年までに北京の電気自動車台数が推定60万台に達し、電気自動車市場のトップになることが期待されている。この方向性は中国を悩ませている環境汚染の問題を緩和するためにも有効であると認識されている。
 
(参照)https://www.techinasia.com/china-infrastructure-support-electric-vehicles
 
photo by songmin1986 on flickr

 
海外ビジネスEXPO
この記事の提供会社

logo

Digima〜出島〜

http://www.digima-japan.com/

メルマガ会員  
 

出島