• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

シンガポール、工業生産高、11月は予想外の12%増に

シンガポール、工業生産高、11月は予想外の12%増に

経済開発庁(EDB)が発表した11月の工業(製造業)生産高は前年同期比11.9%増と予想外の好転だった。この結果、第4四半期の景気後退は避けられる見通しだ。

この記事の続きを読む

 
電子、バイオ医学部門の生産増が貢献した。変動の激しいバイオ医学を除いた工業生産は6.4%の増加だった。
 
バイオ医学部門の生産は34.8%の増加で、薬品生産が36%、医療機器生産が31%、それぞれ増加した。
 
製造業生産の27%を占める電子部門は24.2%の増加で、半導体生産が50%増だったのが貢献した。半導体生産は9カ月連続で2桁増だった。安定的な需要増を示すものだ。
 
精密工学部門の生産は7.6%、化学部門は3.5%、それぞれ増加。しかし輸送エンジニアリングは14.8%減だった。リグ、造船の不振が理由。
 
CIMBプライベートバンクのエコノミスト、ソン氏は、米国の景気拡大が来年見込めるため、電子需要はさらに増加すると予想している。
 
ソース:http://www.asiax.biz/news/41711/

 
海外ビジネスEXPO
この記事の提供会社

logo

シンガポールのビジネス情報サイト【AsiaX】

http://www.asiax.biz/

メルマガ会員  
 

出島