2017年2月3日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

タイムズの国際大学ランキング、シンガポール国際大学(NUS)が4位に

タイムズの国際大学ランキング、シンガポール国際大学(NUS)が4位に

高等教育情報誌「タイムズ・ハイアー・エデュケーション」は2月1日、大学の国際性に重点を置き評価・比較した「国際大学」ランキングを発表した。シンガポール国立大学(NUS)は4位で、オックスフォード大学(6位)、ケンブリッジ大学(8位)以上の評価を得た。

この記事の続きを読む

 
調査対象は500校で、1位、2位はスイス連邦工科大学チューリヒ校とローザンヌ校。3位が香港大学で、5位~10位には英国と豪州の大学が入った。10位以下100位までは米国の大学が多数、名を連ねた。
 
順位決定に当たりタイムズは、外国人教員比率、外国人学生比率、刊行物における外国人共著者の数を考慮した。国際性を重視したランキングで、NUSは昨年が9位だった。
 
今年は評価方法を改定し、大学の国際的評価を初めて含めた。評価点に占める比率は25%。日本の大学では、東京大学が136位、筑波大学が141位、東京工大が143位、東北大が149位だった。アジアからはほかに、中国、韓国の大学が150位以内に複数ランクされた。
 
NUSのタン・チョーチュアン学長によると、学部学生の10人に8人は300の海外大学のいずれかに留学している。教職員、学生の出身国は100を数え、学術面、さらには社会・文化面の多様性がもたらされているという。
 
ソース:http://www.asiax.biz/news/42158/

この記事の提供会社

logo

シンガポールのビジネス情報サイト【AsiaX】

http://www.asiax.biz/

メルマガ会員  
 

eck2018
出島