• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

シンガポール、民間住宅賃貸、契約期間と入居者数に制限

シンガポール、民間住宅賃貸、契約期間と入居者数に制限

ローレンス・ウォン国家開発相は2日6日の国会で、改定計画法を二読に付した。改定の柱は、民間住宅の6カ月未満の賃貸禁止と、6人を超える個人への賃貸禁止で、エアビーアンドビーなど自宅を宿泊施設として提供するインターネット上のサービスの拡大に対処した。

この記事の続きを読む

 
改定法の付帯条項で、短期賃貸と寮的宿泊施設の提供について、無許可営業を違法とした。許可を得れば提供が認められる。寮的宿泊施設とは7人かそれ以上の者を入居者として受け入れる行為。家族の入居は7人以上でも構わない。
 
都市再開発庁(URA)の指針で既に、6ヵ月未満の民間住宅賃貸を禁止しているが、付帯条項に含めることで、政府はいつでも官報に掲載できるという。民間住宅を日ベースなどの短期取り決めで賃貸する場合、ホテル同様の規制が必要と政府は考えており、免許制の適用を検討している。
 
改定案の策定に当たり政府は一般市民から意見を募集した。ウォン氏によれば、大多数の住宅所有者が、プライバシー、個人住宅の神聖さは保たれるべきとの意見だった。
 
政府としては、住宅シェアは適切に規制さえすれば許容されるべきと考えているという。持ち主が短期賃貸を希望する住宅について、短期賃貸専用の新たなカテゴリーの設定をURAは検討している。
 
ソース:

 
海外ビジネスEXPO
この記事の提供会社

logo

シンガポールのビジネス情報サイト【AsiaX】

http://www.asiax.biz/

メルマガ会員  
 

出島