2017年2月15日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

シンガポールへの外国人旅行者数が、2016年に過去最高を記録

シンガポールへの外国人旅行者数が、2016年に過去最高を記録

シンガポール政府観光局(STB)は、2月14日、2016年の外国人旅行者が、前年比7.7%増の1,640万人(速報値)という過去最高数を記録したことを発表した。

この記事の続きを読む

 
これまでの外国人旅行者数の最高記録は、13年の1,560万人で、16年はそれを5.1%上回った結果となった。
 
さらに、観光収入は同13.9%増の248億シンガポールドルとなり、同じく最高記録を更新した。
 
国・地域別の旅行者数の内訳としては、インドネシアからが前年比6%増の289万4,000人でトップ。2位は中国からで286万4,000人。3位はマレーシアの115万1,000人。4位はインドからの109万7,000人。
ちなみに日本人旅行客は前年比1%減の78万4,000人だったが、これはシンガポールでのジカ熱流行を受けての結果と考えられている。
 
シンガポール政府観光局による今年の予測としては、外国人旅行者数は前年比0~2%増の1,640万~1,670万人しており、それらに付随する観光収入については、同1~4%増の251億~258億シンガポールドルになるとしている。
 
>>あわせて読みたい 『日本を訪れたシンガポール人、2016年は36万人超に』

 
海外ビジネスEXPO
この記事の提供会社

logo

Digima〜出島〜

http://www.digima-japan.com/

メルマガ会員  
 

出島