2017年3月3日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

香港玩具100年の歴史を展示する「おもちゃ展」が開幕

香港玩具100年の歴史を展示する「おもちゃ展」が開幕

香港のおもちゃの展覧会「香港玩具伝奇」が尖沙咀の香港歴史博物館で3月2日に開幕した。

この記事の続きを読む

 
同日付香港各紙によると、展示されているのは香港人が慣れ親しんだおもちゃや、香港で製造されたおもちゃが中心で、その数2600点以上。
最新のおもちゃはもちろん、100年前の香港式めんこ(公仔紙)や香港市民にはおなじみの紅白のスイカボール(西瓜波)なども展示されており、5つに分けられたゾーンをめぐり、香港のおもちゃの歴史をたどる内容となっている。
 
また、会場外では黄色いアヒルのラバーダック4000個と、身長1メートル強の『スターウォーズ』の銀河帝国軍の兵士「ストームトルーパー」 100体が出迎えてくれる。会期は5月いっぱいまで。15万人の入場が見込まれている。
 

 
海外ビジネスEXPO
この記事の提供会社
メルマガ会員  
 

出島