2017年6月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

ミャンマー:ヤンゴンでの投資の多くが縫製ビジネスに集中

ミャンマー:ヤンゴンでの投資の多くが縫製ビジネスに集中

6月9日に開催された記者会見でヤンゴン地域政府の職員が述べたところによると、近年のヤンゴンでの外国投資のほとんどが縫製業だが、大規模事業は数件しかないという。

この記事の続きを読む

 
ヤンゴン地域のPhyo Min Thein地域首相は、「外国投資のほとんどが縫製業ですが、国内のインフラの不備と電力事情により、大規模事業は数件しかありません。地方政府には汚職がないため、課税率を上げなければならなりません。ヤンゴンの歳入は税収の15%、およそ2000万チャット以上に相当します。そのため、ヤンゴン市バスサービスに新しいバスを購入しました」と述べた。
 
ヤンゴンのNaw Pan Thinzar Myoカイン族問題担当大臣は、「私たちはすべての投資申請を詳細に調査しています。207件の投資申請登録があり、そのうち196件を認可しました。ホテル・観光関連業には183件の投資申請がありましたが、そのうち103件を認可しました」と述べた。
 
ソース:http://apparelresource.asia/news/item_2907.html
 
>>あわせて読みたい『ミャンマー・ヤンゴンで縫製工場経営者らが他国の同業者と経験を共有
 

この記事の提供会社
メルマガ会員  
 

出島