2017年9月6日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

第2回「一帯一路」サミット、香港にて9月11日に開催

第2回「一帯一路」サミット、香港にて9月11日に開催

香港特区政府は、香港貿易発展局(HKTDC)との協力で第2回「一帯一路」サミットを9月11日に開催する。

この記事の続きを読む

 
4日に行われた記者会見で商務及経済発展局の邱騰華・局長は「今後20、30年の国家の政策と世界の経済・貿易のすう勢を見渡せば『一帯一路』が発展を主導することは明らか」と指摘。
 
香港が担える役割の方向性として――

(1)政策の理解と商機への転換(2)企業との戦略策定(3)ビジネスマッチング(4)資金調達(5)法律・会計・保険・建設などの専門人材運用
(6)貿易プラットホーム(7)中国本土企業が香港法人を設立して進出(8)リスクマネジメント(9)本土または「一帯一路」沿線諸国との合同プロモーション(10)世界各地から集めた人材の育成

――を挙げた。

この記事の提供会社
メルマガ会員  
 

出島