2017年11月27日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

日立、タイにおいて自社の持つプラットフォームの提供に意欲

日立、タイにおいて自社の持つプラットフォームの提供に意欲

日立はタイ政府の掲げるタイランド4.0(Thailand 4.0)政策を支援するために、自社のもつデジタルイノベーションのノウハウを提供していく意向だ。

 

この記事の続きを読む

同社社長の東原 敏昭氏は、ATM、エレベータ、エスカレーターなど既に知られている製品をインターネットと連携させ、人々の暮らしに貢献していく必要があると述べた。

 

同氏はまた、自社の持つLumada IoTプラットフォームを鉄道や自動車産業、建設業、金融機関などに適用していくとも説明している。

 

タイで地下鉄やコンドミニアムなどの建設が増加し、エレベーターやエスカレーター需要が高まる中、日立は同国において日本の同業最大手である三菱に対抗するため、Lumada IoTプラットフォームを武器にシェアを拡大させていきたい。

 

 

ソース: (https://www.bangkokpost.com/business/news/1361407/hitachi-keen-to-help-thailand-go-smart)

この記事の提供会社

logo

Digima〜出島〜

http://www.digima-japan.com/

メルマガ会員  
 

eck2018
出島