2017年12月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

日本政府、フィリピンに電気自動車および充電ステーションを贈与

日本政府、フィリピンに電気自動車および充電ステーションを贈与

フィリピン・エネルギー省(DoE)は12月4日、本部のあるタギッグ市にて、効率的かつ環境にやさしい代替燃料自動車の普及を促進するために、日本政府より電気自動車の充電ステーションが贈与されたことを発表した。

 

この記事の続きを読む

DoEの代表はエネルギー意識月間(National Energy Consciousness Month)のオープニングセレモニーにおいて、贈与された充電ステーションは1度に2つの電気自動車を充電できることに加え、従来のものは充電に2-3時間かかるが、30分と短時間で充電を行うことができると話した。

 

また、日本政府は充電ステーション以外にも、4台の電気自動車と4台のプラグインハイブリッド車を贈与しており、総額は5億円にのぼるという。

 

 

(参照)http://www.sunstar.com.ph/davao/business/2017/12/05/doe-calls-support-e-vehicles-578339

https://www.doe.gov.ph/energist/index.php/76-categorised/alternative-energy-technology/e-vehicles/12993-doe-unveils-e-vehicle-charging-station

この記事の提供会社

logo

Digima〜出島〜

http://www.digima-japan.com/

メルマガ会員  
 

eck2018
出島