2017年12月18日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

野村不動産、Origin Property等、タイでStaybridge Suitesのデビューにサポート

野村不動産、Origin Property等、タイでStaybridge Suitesのデビューにサポート

野村不動産株式会社は、タイ・バンコクの現地デベロッパーであるOrigin Property社(以下オリジン社)と共同でサービス・アパートメント事業へ参画することを発表した。

 

この記事の続きを読む

両社が導入するインターコンチネンタル・ホテルグループのサービス・アパートメントブランド「Staybridge Suites」は、今回が東南アジアで初めての進出となる。

 

また、両社はバンコクにおける3つの分譲住宅プロジェクトなどで共同事業を組成済みで、75億バーツの投資を行っている。

 

今後も野村とオリジン社は共同事業として、観光業の成長が続くタイを始めとhしてアジア太平洋地域でサービスを拡大していくことを目指す。

 

なお、タイでの利用者の7割は長期滞在や観光で訪れる日本人だと予想されている。

 

 

(参照)https://www.bangkokpost.com/business/news/1378975/staybridge-suites-to-debut-in-thailand

この記事の提供会社

logo

Digima〜出島〜

http://www.digima-japan.com/

メルマガ会員  
 

eck2018
出島