2018年9月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

香港で日本食材を使用した中華料理の試食会が開催 日本の海鮮・肉類を調理

香港で日本食材を使用した中華料理の試食会が開催 日本の海鮮・肉類を調理

中国飲食文化大師・尹達剛氏に対する平成30年度外務大臣表彰伝達式が行われた広東料理レストラン「富嘉閣」では、式後に帝有限公司による「日本食材を使用した中華料理の試食会」が開催され、香港飲食業界で活躍するトップシェフや業界関係者ら約200人が招かれた。

この記事の続きを読む

 
15年間に及び香港で日本食材の輸入卸販売事業を営む帝有限公司は「香港初」「新発見」をキーワードに特殊海上コンテナで輸入する低コストの日本産活貝、チルド空輸の佐賀県産鶏肉「華味鳥」や「沖縄飛天紅猪-Okinawa Porcp Rosso-」など、日本各地の海鮮・肉類を中華料理に仕立てた。
 
また、「金泡」と称される「泡」までおいしいドラフトビールを注ぐ技術を有するドラフトマスターの大野浩氏を日本から招き、日本から生樽で輸入されているサントリー「ザ・プレミアム・モルツ」が会場で振る舞われた。
 
ソース:https://www.hkpost.com.hk/20180911_13335/

この記事の提供会社
メルマガ会員  
 

出島